久しぶりのファーブルトン

こんにちは~、今日は久しぶりにファーブルトンを焼いたchiguです。


すっかりお気に入りで我が家では定番になっているファーブルトン。

今や作った回数はお菓子のなかで一番多くなった。

なのにいまだにどこの国のどんな由来の菓子なのか、知らないまま・・・。

ネットで調べればすぐなんだけど、なぜかそれもしておらず今に至る。


いいのよ、ファーブルトン美味しいんだから、それだけで。


もっちりしたカスタードって感じかな。

上の黒っぽいのはグランマニエ漬けのドライプルーン。

プルーンが入るから、生地に入れる砂糖は少なめでなかなか上品な甘さ。

上品だけれど、あくまでも素朴な味のお菓子なのだ。


今日はお菓子作り以外は何かと片付けの日。

旧シリーズの終了や新しい方向性に向けて環境整備中。

そういう作業にはなにかと感慨深さがつきものだと思いきや

後半からそうでもない感じに・・・

それについてはまた後日書きま~す。


とにかくお気に入りのファーブルトンで疲れを癒やすのだ。


chiguのアトリエ自由帳

手織り・手紡ぎ、そしてオートクチュール刺繍を手掛ける作家chiguのブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000