膝が好きな犬

こんにちは~、今日はお昼に美味しいスパゲティを食べたchiguです。

歩いて行ける距離に、ミートソーススパゲティしか出さない小さなお店があるのです。

トッピング、ドリンク、パフェはありますがメインはミトスパだけ。潔い。

”だけ”でやっているだけあって、とても美味しい、そしてリーズナブル。

今日は相方は仕事。お昼はひとりだな~、何を食べようかな~と朝から考えてました。

こういうときの真剣なさまってすごくて、

「これでいいか」って決めることをしたくなくて

自分とかなり真面目な話し合いをして、「よし、それだな」みたいに決定する。

それでも「いや~、でも歩いていくの、暑いよ」とか「行って満席だったら外で待つようじゃん」とか、ミーティングの結論に疑問をとなえる自分も出てくる。

でも、食べたいんだから行こう。暑いたって、マラソンで行くわけじゃなんだからね。

着いてみりゃ普通に入れて、食べてみりゃ「やっぱりこれだった!」で、こういうアタリは嬉しいよね。


さて、その甲斐あってか(?)午後は刺繍がはかどりました。

はかどってたくさん出来るもんではないけどさ、長い時間集中して取り組めたことが大事なのだ。


で、長い時間取り組んでいるということは、たまに甘えん坊がやってくるということでもある。

白チワワのちびナナたん、よく寝てるな~なんて思って刺繍していると

おもむろにぶるぶるっと体をウォーミングアップして、ちゃかちゃかとこちらに近づいてくる小動物の足音が・・・。

来た~!

刺繍枠に張ったシルクオーガンジーの下に入り、私の膝に手をかけて、乗せてくれいとねだるのであった。

はいはい、しばらく静かにしていてくれたもんね。


膝にのせてあげると、ぶふ~っと満足そうに鼻を鳴らして人のおなかに顔をぺったり。

今日は珍しくそのまま大人しくしているので、夢の「膝にチワワ、私は刺繍」時間をしばし楽しむ、と。

ま、長くは続きませんよ。

すぐに下から糸をカミカミし始まったり、人の顔に手をかけてオイオイ、とつっついたりし始める。

で、危ないんでおりてください、ということになる。


足元にひざ掛けを敷いて、そこに降りて頂く。

それはそれで良いらしく、結局夕方まで足元で寝ていてくれました。


ナナたんが来ると集中が途切れる、というのもあるけれど

程よく休憩が取れたり、可愛い可愛いと愛でることでパワーチャージ出来たりもする。

こうしてお互いけっこううまくやってるんだよね、ナナたん。

chiguのアトリエ自由帳

手織り・手紡ぎ、そしてオートクチュール刺繍を手掛ける作家chiguのブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000