裏はこんな感じで

こんにちは~、今日もオートクチュール刺繍を進めていたchiguです。


制作段階の写真を撮ってみた。


はい、こちら。

すごく小さい粒ビーズで面を埋める。

簡単そうでじつはとても難しくて、最近になるまで肩が凝って仕方なかった。

やっと慣れてきてほんのちょっとスムーズに出来るようになってきたところ。

ビーズの流れが一定にならないようにするのが特徴のテクニックで、だからビーズはあちこち向いてるでしょ。

裏はこんなです。


くねくねと。

このかぎ針を使ってビーズを刺すテクニックの場合、裏から刺すのだ。

だから表がどうなっているのかは分からない。

指先で不自然な凸凹がないか確認したり、刺繍枠を表に返す手間をかけてチェックする。

慣れてきて、ちょっとだけ「あ、ここがビーズが重なっちゃったな」とか感触でチェックできるようになってきたけど。でも表に反して見てみたら、だいぶ前に刺した部分があちゃ~、なことになっていて、そんなときはぴーっとほどいて戻らなくてはならない。

やっぱりちょくちょくちゃんと見て確認するのが一番だね。

そしてまだまだ修行がたくさん必要だな。



で、ほかの部分も順番に埋めていって、クォーツをのせたりして。


ストーンものせた。


最近は仕上がるものひとつひとつがほんっとうにお気に入りで、刺繍枠を眺めて自分でうっとりしてしまう。

色とか、質感とか。

これをちょきちょき切ってブローチになったらどうなるのか、またそれは別の問題なんだけど。

まず刺繍の段階でくぅ~っとお気に入りってのは、この先も期待できちゃうよね。

chiguのアトリエ自由帳

手織り・手紡ぎ、そしてオートクチュール刺繍を手掛ける作家chiguのブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000