たまに開く扉

こんにちは~、chiguです。

日々オートクチュール刺繍、機織り、ときどき糸紡ぎの日々。

糸紡ぎがなかなか進まない。

以前記事にした↓ベージュの野蚕ね。


オートクチュール刺繍と機織りが中心になっているから、糸紡ぎはどうしても「あいた時間に取り組む」って感じになるんだよね。

時期によっては何よりも糸紡ぎってときもあるんだけど。


今のところせっせと刺繍の気分なのだ。機織りは教室の日しか出来ないから、その日に全力で取り組むのだ。

小さいのも作る。

私のちょっとした課題なんだけど、デザインをシンプルにすることにすごく勇気が要る。

なんとなく「盛れば盛るほど手間をかけた感じになって、そしたら自分も見る人も満足できる」って思い込みが強い。

シンプルにすると「これで良いのかな・・・」って思ってしまうところがある。


だからこそ勇気を出してシンプルを決行する。


そして小さくて、盛りすぎないデザインで、色が美しくて…がちゃんと出来上がる。


こうやって自分のなかの扉を自分で開けていくのだ。

続けてたくさん作っていると、こういうチャレンジが出来るときが訪れる。

今、良い時間。

chiguのアトリエ自由帳

手織り・手紡ぎ、そしてオートクチュール刺繍を手掛ける作家chiguのブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000