急いで縫う

こんにちは~、今日はミシンに向かったchiguです。


…ミシンはあまり得意ではない。

と言うより、縫製の作業の諸々が得意でない。

知識も無いし経験も無い。


でもまあ、初心者なりにアイロンをかけ、直線を縫う。

色々な便利グッズにも助けてもらう。

慣れればもっと要領よく上手になるだろうと信じて。


えっと、織りあがった布にハサミを入れて、端は三つ折りにし、縫ったわけ。

織りあがってすぐやらないと、得意なことでないだけに、そのまま長く置くことになってしまう。

だからなるべく勢いでやる。

たったこれだけの作業が私にはなかなか大変。でもやったぞ。そこが大事だ。やったね。



5枚のテーブルマットができた。

綿やリネンや綿とリネンを合わせた糸を使っていて、どれもけっこう艶がある。


何に使って頂いても良いと思う。

玄関の下駄箱の上に敷いて、上に花瓶を飾ったり。

ブドウのつるで編んだ籠に好きなものを盛って、その上にふわっとかけたり。

もちろんランチョンマットにも。お弁当包みにも。


そしてこちらは少し余った経糸で織ったおまけ。


ウールの残糸でカラフルに。こういう「残った経糸で遊ぶ」ものってなんか思いがけず可愛いものができる。


機にかけたまま房の始末をするやりかたに挑戦。

本とにらめっこしながら。

なかなか上手にできたぞ。


9月からは教室にも復帰するし、家でも織るから、どんどん織るのだ。

どんどん刺繍もするしどんどん糸紡ぎもする。

これから手仕事にぴったりな季節に少しずつシフトしていくだろうしね。

chiguのアトリエ自由帳

手織り・手紡ぎ、そしてオートクチュール刺繍を手掛ける作家chiguのブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000