蜂巣織をやってみる日

こんにちは~、9月から織物教室通いを再開し、家でも教室でも手織りとんとんのchiguです。


織ってみたい模様がたくさんあって、「何を織るか」というアイテムよりも、「どんな模様を織るか」ばかり考えてる。

でもそうやって試しにある組織を織ってみれば、その後にはそれをどんなアイテムとして織るか、がついてくるだろう。

今は好奇心の趣くままに進むのだ。



家では蜂巣織を織り始めた。

綿とコットリン(綿とリネンの糸)。

ふわっとした色合いでパンチは無いけど優しくて親しみやすい色。


数枚分の経糸を張ってあるので、色を変えていくのも楽しみ。


MY織機、LouetのSpringさんとも少しずつ仲良くなってきた。

Springさんはもともととても優れた子だから、私の方がたくさん織って、その良さを体感・納得できるように近づいていけばいい。

Springさんの「うむ、くるしゅうない」と言うのが聞こえてきそう…。

いや、Springさんはもっと優しい感じなんだよな。「まあ、気軽に織ってみなよ。ちゃんと布にしてあげるからさ」ってな感じか…な?


chiguのアトリエ自由帳

手織り・手紡ぎ、そしてオートクチュール刺繍を手掛ける作家chiguのブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000