生成りの綿で蜂巣織、カメラの入院

こんにちは~、今日はカメラ屋さんに行ってきたchiguです。

なんと、愛機のオリンパス E-M10が入院。トホホ。

不調なのはズームレンズの方なんだけれど、本体のセンサーか何かの問題なのかレンズだけの問題なのかよく分からないこともあって、両方預かって頂いた。


日頃ものすごく頼りにしているので日常に支障を来す事態と言えなくもない。

このアトリエ自由帳に載せる写真だってE-M10頼りだというのに・・・。


というわけで久しぶりにリコーのコンパクトデジタルカメラのバッテリーを充電し、

E-M10が戻ってくるまでお世話になることにした。


リコーはなんのかんので10年以上経つのかな?

当時とても安くて接写に強いコンパクトデジタルカメラということで、初めて仕事に使うことを意識して買った機種。

今だってよく撮れるカメラだけれど、一方でデジタル機器がここ10年でどれだけ進化してしまったのかをしみじみ感じさせられる。

何しろスマホがあるからね~、今は。中途半端なコンパクトデジタルカメラを持ち歩く必要性と言うのはもはやまったく無いのではなかろうか…どうなんでしょう。


レンズを交換できるデジタル一眼を使うようになってからは、コンデジの登場は無くなってしまった。

で、こうしてデジタル一眼にトラブルがあった時だけ、頼りにするってわけ。

すまんね、たまに引っ張り出して。


私の経験から言うと、デジタル一眼と交換レンズを買うときには5年間保証があればたとえ有料でも必ずつけた方が良いと思う。

本体を買ったポイントで保証をつける金額をカバーできることが殆どだし。

何しろ、特にレンズって5年内に2回くらいはトラブルがあるものなのだ。

埃が侵入して写りこむようになってしまったり、今回のように電動ズームがおかしくなってしまうこともある。割と軽いノリで「あれ?!」というようなことが起こる。

そんなとき、保証があればそんなにドキドキせずに修理に出せるし、また大事に使ってあげられる。

これからレンズを増やすことがあるとしても、私はつけるな~、保証。


さて、そのコンデジで撮った蜂巣織二枚目。

生成りの綿だけで織ってる。

刺繍もそうなんだけど、色が無いと作業そのものをするテンションはあまり上がらない。

ただ、出来上がるものは好き。

chiguのアトリエ自由帳

手織り・手紡ぎ、そしてオートクチュール刺繍を手掛ける作家chiguのブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000