集中できる日

こんにちは~、今日は織物教室だったchiguです。


で、帰って来てからも織機があるなんて本当に嬉しい。


オーバーショットのマフラー。進んでるよ。

二丁のシャトルを交互に使うことややや複雑なペダルの踏み順で、間違いやすい織り方なんじゃないかと警戒してたんだけれどこれが意外とミスなく順調に進んでる。

大きめのパターンひとつ終わるごとに確認できるのが良いのかも知れない。

そして最近は集中できる時間を作れるようになってきた。

一定の時間、意識がふっと作業に入り込む。

するとほんのわずかな意識の動きと、あとは殆どが手足の自然な動きで織り進めていくことができる。

で、自分は何もしていないみたいなのに織は進んでいくっていうなかなか妙な状態になって、その間は殆どミスなく進められるし、間違うと不思議とすぐに気づくことができる。

たださ、こういう時間っていうのはそう長くない。ウルトラマンみたいに。

だから、自分で自分の状態を見極めて休憩をとる。

で、また意識を入り込ませる。

これがなかなか快適なんだ。





chiguのアトリエ自由帳

手織り・手紡ぎ、そしてオートクチュール刺繍を手掛ける作家chiguのブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000