ウールでクッションカバー

こんにちは~、今日は織物教室だったchiguです。

教室の皆さんとお話ししながらのランチもお茶の時間ももちろん織も楽しかったな。

今日は良い気候だったねえ。


さて、教室ではウールでクッションカバーを織っている。


三枚織っていて、それぞれ模様や色の入れ方を変えてる。

ソファにクッションを3つ並べたときに可愛いようにね。


昨年の春は織を習い始めて間もない頃で、平織を応用して色んなアイテムを織るのに一所懸命取り組んでいた。そのなかで春夏用のクッションカバーを織ったんだ。

これ↓。

左の3枚が織って仕立てたクッションカバー。

ちなみにいちばん右はクロスステッチで刺したヘラジカ柄のクッションカバー。

いちばん左のカバーにはシェルやウッドビーズを縫い付けて飾りにした。

じつは後でずいぶん白チワワのちびナナたんにそれらのビーズを噛み噛みされて、ぶら~んとしてしまっているんだけど…直さないとな。


織っていて「柄が入れられるようになって楽しいなあ」って思う一方、あらためて昨年のクッションカバーを見ると平織で趣向を凝らした布もやっぱりいいなあとも思っているところ。


chiguのアトリエ自由帳

手織り・手紡ぎ、そしてオートクチュール刺繍を手掛ける作家chiguのブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000